〜 以下「ひぐらしのなく頃に」綿流し編より一部抜粋 〜






雛見沢村は人口が1,200人ほどの町です。



「鬼の血を引く血族」として神聖視されていた村の人々は、明治時代に入り古いものが淘汰される時代に入り


徐々に今までの報復とばかりに不当な差別を受け初めました。



学校では人喰いの鬼っ子と蔑まれいじめられ


町で就職が決まっても出身が雛見沢村だと分かると取り消され


結納を済ませた結婚さえも取り消されました。



裁判を起こしもしました。「婚姻は本人同士の話で、出身地と結婚は関係ないはずだ」と。


しかし裁判官は「出身地の詐称は経歴の詐称に当たる詐欺行為だ」と判決は覆りませんでした。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




村の誰もが諦めにも似た感情に包まれ始め、状況を享受するようになり始めたある頃・・・・




雛見沢村の当主であった園崎家の当主は、ある時、村の子供達にこう言いました。




「一人に石を投げられたら、二人で石を投げ返しなさい」と。




・・・子供が聞き返す。「二人に石を投げられたら?」と。 答えは簡潔だった。




二人に石を投げられたら、四人で石を。



八人に棒で追われたら、十六人で追い返し。



三十人に中傷されたら、六十人で怒鳴り返せと。




子供が最後に聞く。



千人に襲われたら・・・? その答えすらも簡潔だった。




「・・・千人に襲われたなら、雛見沢の全員で立ち向かいなさい」と。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




・・・それは決起を促す楔のようですらありました。



祖母は園崎本家当主としてだけでなく、雛見沢の母たろうとして立ち上がったのです。




それから雛見沢の人々は連帯し、一人が受けた不当な差別を全員が受けたものとして戦いました。




子供も大人も関係ありませんでした。



子供がなじられたと聞けば、一団になって相手宅へ詰め掛けました。



大人が不当な扱いを受けたと聞けば、老若男女の区別なく徒党を組んで立ち向かいました。




「雛見沢の人間にちょっかいを出すと大変な事になる。」



そう思われるようになるのは、それからほんの数年後でした。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




この話を読んで、胸が熱くなりました。


主人公はこの話を聞く前に、この内容を裏付ける体験をしています。


数日前、ふもとの町を歩いている時に、駐車していた単車を倒してしまい、ヤンキー3人に絡まれます。

すると、通りすがりの小学生や、おばさんなど村の人と思わしき人達が徐々に集まり始め・・・・

警察が駆けつけた頃には十数人の人数でヤンキー達を取り囲んでいました。

そして村人達は無言で威圧し、警察が到着するまで一切手出しさせなかったのです。

(通報も村の人が迅速に行ったようです)


確かに最近は物騒で、他人のピンチで助けに入った人が刺されて死亡する、なんてニュースも珍しくありません。

日本の安全神話はとうの昔に崩壊しています。


そして助けに入る、というのはとても報われない行為です。

善行というものは、見返りを求めてはならないという言葉もあります。 むしろ拒絶され、否定されるものです。


でも。 そんな今だからこそ、助けてもらえたら嬉しいものですよね。


この話を読んだ時、学校や職場などに置き換えてみて。

私は出来る事をしているだろうか、そして、してきただろうか。 と考えさせられました。


自分の生活する状況を打破するのは、容易な事ではありません。

まして自分に原因がある、なんて思ってしまうと尚更覆すのは困難になります。

(結構「私が悪いんだし・・・」と考えてしまう方も多いようです)


それでも。 状況が改善されるのを待つという不確実な方法は、諦めと同義だと思います。

自分が変わるしかないのです。 そしてゆっくりと回りの人を変えていくしかないのです。


でも、劇的にガラリと変わる必要はありません。 ほんの少しずつ、心の中でちょっとずつ強くなればいいのです。

ほんとに小さな一歩でも、毎日歩み続ければいいんです。


この広い世界の中で、私達が日本人に生まれた事にすら、意味があると思います。

その学校に通っている事、そのクラスに通う事にも同様に意味があるのです。

乗り越えられない事なんてありません。 時間はかかるかもしれませんが、変えられるはずです。


殻を破るのには痛みを伴うかもしれません。

でも、破った後でもっと素敵な自分が待っているなら・・・・私は頑張れます。


自分を誇ろう。 自分たちを誇ろう。 そして、誇れるように自分を磨こう。

そう、改めて思いました。


今日よりも明日の私が、ほんの少しだけ輝けるように・・・・









あ、団結の話からずれてるっ(吐血






広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット